下取り査定する場合、買取店の対応と感触で判断しなければいけない時【Q3編】を紹介しています。

MENU

下取り査定する場合、買取店の対応と感触で判断しなければいけない時【Q3編】

kurumaを鑑定申しこみするときは、鑑定担当者の対応を見て感じをつかむことが重要です。結果、鑑定をするのは人間です。そのヒトの個性にもよりますが、感覚を探ることで、ある程度の査定額の流れを把握することができます。

 

もし、品評の時、担当者に善意をあまり感じられないようなケースは、高値は予想できないでしょう。そのような場合は、会商を打ち切って、他の業者に切り替えた方がいいかもしれません。

 

下取りに出すクルマのアピールポイントの伝え方とベストなタイミング

感じの悪い品定担当者に対して、いくらマイカーのアピール点を報告してもそれが通ることは難しくなります。査定士はプロなので、アピールしなくても基本的に査定アップのポイントは見逃しません。結果を意識しすぎて無理やりに成約すると、後で他の業者の査定額をみて悔やむことになるので、感じが悪い時は、あっさり切り上げる方が無難です。

 

見積もり社員に対しては、ある程度は引き込んでもいいのですが、あまりしつこすぎると逆にさわりが悪くなるので、注意しなければなりません。品定する人は出来るだけ早く契約を得たいと思っています。その為に、良い感覚を感じていたとしても、慎重に対応する必要があります。

 

 

アウディQ3【AUDI Q3】値引き速報!